2019年2月17日日曜日

Tea Session


豊文堂の川島さんに、send企画のお茶に関する本のセレクトをお願いした時、この人から、本について、お茶に関することじゃなくても、直接お話を聞きたいな、ということで今回の茶話会をお願いしました。
講義のような鹿爪らしさゼロの、のんびりお茶を飲みながら聞く、本に関するよもやま話しがTea Sessionです。
赤瀬川原平著「千利休 無言の前衛(岩波新書)」には
「いうまでもなく、お茶というのは静かな芸術である。言葉で議論し、論理的な結論を得るといったものではないのだから、もともとおしゃべりな世界ではないのである」
とあるので、我々は静かにしゃべります。
3月3日(日)14時から
1000円(煎茶+和菓子・要ご予約)

0 件のコメント:

コメントを投稿