2021年4月8日木曜日

器の漆直し

 

お客様より
6片に割れたお皿を接合しました。
欠けの部分は補わず、漆を盛り上げないフラットな黒の仕上げで
との注文通りに。
渋い依頼でした。






2021年3月30日火曜日

伊万里のそば猪口

片手に収まるかわいいサイズ。
口径5.5cmx高さ7cm
この小ささが大きな魅力です。
シンプルな檜垣?水草?紋様の絵付けもよい。
薄手で上品、江戸時代の中期(18世紀)に作られたものです。
この当時は蕎麦用ではなく、懐石料理に出す向付(むこうづけ)として作られていました。
不思議とお茶がいっそう美味しくなる器です。










2021年3月22日月曜日

御礼

 qan:savi 革の作品展は終了いたしました。

ご来店いただいたお客様に心より感謝いたします。
振替休日で今日と明日(22日.23日)
お休みいたします。
外はまだ雪が残ってますが、玄関だけ
春先取りです。



2021年3月20日土曜日

最終日です。

 qan:savi という名称は、古くは万葉集の「かむさびる→神さびる」から。  

「神さびる」とは「古色を帯びて神秘的、おごそかな様子である」という意。
イタリアの老舗タンナーによる、タンニンによって鞣されたヌメ革を使用し、 ロウ引きした麻糸による手縫いから真鍮無垢の金具の取り付けまで、文字通り「手しごと」により製作されています。
天然革そのままの風合いを生かし、表面の艶や色、手触りなどエイジング(経年)の味が着き、使う人に馴染んでいく革製品です。
持ち主の元で育っていくもの、という qan:savi のコンセプトが伝わってくる革のものたち。
最終日もお待ちしております。



2021年3月18日木曜日

qan:savi 革の作品展

20日(土)まで

Leather Bag
w30xh37cm
個人的に、今回送られてきた革作品の中で一番驚いたバッグです。
一見、革という素材を感じさせないフォルム。
紙袋のようですが、よく見て触ってみると一枚の上質な牛革。
角張った隅のつくりは革のものでは案外珍しく、
クラフト感が希薄なのに全て手製、というqan:saviの特徴がストレートに伝わってきます。









2021年3月16日火曜日

少〜し春の陽気嬉しいです。

新社会人の方に
そうじゃない方にもおすすめの
カードケース。
装飾性を抑えたシャープな印象の
スマートなデザインです。
贈り物にも◎



2021年3月13日土曜日

qan:savi 革の作品展 

 @qansavi 

本日13日、明日14日(日)も営業予定です。

Leather Tote Bag
モノクロームの中に一色のアクセント。鮮やかな赤です。
無駄を排したシンプルな作りのバッグです。